出展&バイイングレポ

ツーソンショー2014 (2014 Tucson Gem and Mineral Show)を歩いてみて。その4

投稿日:2014年3月7日 更新日:


>>ツーソンショー2014を歩いてみて。その3はこちらから

tucson-sp

いざ、Westward look showへ!!

Jonasさんと別れてから、(※その3を参照)
翌日の予定変更して「Westward look show」の情報をホテルで検索。

ガイドブックなどが配布されていますので、場所や情報をさがします。
Westward look showは、ちょうどJonasさんに教えてもらった日から4日間開催。

離れた場所での開催とのことなので、
広域のシャトルバスをつかうのかな?などと考えながら、
ガイドブックのマップを調べます。

<1>のあたりが昨日まで行っているメインの会場で、
ホテルもだいたいそのエリア。
「北の方角」なので<7>あたりの周辺だろうと見てみますが...

wwl-1

「あれっ、ない???」

ネットで地図を見てみますが、かなりエリアを外れているところを指している。
距離感がわかりませんので、歩いていけるのかどうなのかというところですが、

「あー、この辺に川が流れていて、」
「市街地からの広い道路77号の交差と、」

...
「明らかに、歩いていけません!!!」

上の広域シャトルバスエリアMAPの ★ の位置と、
下のWestward LookまでのMAPの  の位置がおなじですから。

電車はありませんし、タクシーではお金もかかるし。

wwl-2

ということで、路線バスで行ってみます。

これまた、初路線バス!

ツーソンでの路線バス、シンプルといえばシンプルなのですが
日本の感覚でいくと、わかりにくいこと満載(笑)

その辺は、郷に入れば郷に従えで。

IMG_6051

バス停で逆に「ここの場所に行きたいのだけれどこのバス停でいいのか?」って聞かれましたが
みなさんわかりにくいご様子。
でも、時間通りに来ます。
ルートによりますが、30分とか1時間間隔が多いみたい。

ちょうど、★印のことろで乗り換えポイントもあり、

IMG_6062

降りるバス停を乗り過ごさないように「iphoneのGPS」で、場所を確認しながら
無事にバス停に到着!!※BUS●の印が降りたバス停

...かなり、殺風景

_DSC5819

会場まで徒歩で。
まず、歩いている人はいないですよ。

_DSC5823

サボテンやら、荒野ではありませんがアリゾナという感じ(?)を満喫しつつ歩きます。

バス停から会場まで、地図上ではかなり近い感じがありますが、
実は・・・徒歩で「30分」くらいかかります(;

そして、ようやく到着、
と、思いきやホテルがあるところまで、ここからまた5分くらい進んでいきます。

_DSC5827

やっと看板発見!!

IMG_6064

IMG_6065

会場らしきところが見えてきましたよ

IMG_6066

リゾートホテルですね。

IMG_6091

だいたい20室くらい、展示していました。

ショーケースに、コレクション的なミネラルが多数!
みなさん、写真をとっていました。

ケース内のものは販売していますが、何十万~何百万とか値段がついているものが多い。

IMG_6074   IMG_6072

こぶしより大きいアルマンディンと、ゴルフボールくらいの大きさのデマントイドガーネ

IMG_6071   IMG_6070

右側)スモーキークォーツにスペサルティンガーネットが取り巻いています。

IMG_6067   IMG_6090

スペサルティン on スポデューメン(左)
ガーネット on アパタイト(右)
IMG_6089   IMG_6086

マニアックなものがいろいろあります。

IMG_6083   IMG_6076

左:アンドラダイトガーネット(イタリア、マダガスカル、タンザニア)
右:スペサルティンガーネット

IMG_6075  IMG_6079  IMG_6078

ここの会場は、ほぼミネラルの展示です。
ミネラルファンにはたまらないでしょうね?

中には、販売をメインの業者様もいらっしゃいました。

IMG_6081

ベットに展示していますよ

IMG_6077

ここの業者様に、今回探しているマニアックなガーネットリストを見せたのですが
この中には無いらしく後ほど調べてメールをしてくれるとのことでした。

などと、会場内をみて回っていると・・・



あれ、見覚えのある顔が??

メキシコ、ソノラ鉱山の鉱山主のラーソンさん!!!
以前日本で、ソノラ産のレインボーガーネットつながりでお会いしました。

ここに、出展していることは知らなかったので
今回のツーソンショーでは会えないかな?と思っていましたがなんと偶然に。

GarnetBookのJonasさんに会場を教えていただいたおかげ!!

路線バスを乗り継いで
遠くまで来た甲斐がありました!!

《ソノラ産レインボーガーネットとは?というかたはこちら》
shop_main_img3

ラーソンさん親子と。
※お父さんにはガーネットファンズバッジを持っていただきました!IMG_6095

 

以前日本で会った時には、ラーソンさんの息子、ウィルさんだけ。(写真右)
彼の奥さんが日本人なんだって話は聞いていて、
今回、奥さんも一緒だったので、逢うことが出来ました。

ウィルさんの奥さんが日本人なので、例の「ガーネットつながり」のことも
日本語で話せますし、パンフレットも見せながらお話することができました。

ちょうどウィルさんが、ツーソンショーのTV取材を受けていたので
奥さんには、社長さん(お父さん)も紹介していただいたり、
ガーネットつながりの事など通訳していただいたりと、とても助かりました。
私がツーソンに滞在したのは、この日まで。
翌日は、「ガーネットつながり」の取材で、サンディエゴへ向かおうと計画していました。
そんな話もしていましたら、

「私たち、サンディエゴに住んでいるんですよ。」って!!

えーーーっ、これまた、奇遇!引き寄せなのか??

サンディエゴのミッションベイというところに宿泊する予定だったので
その近辺の情報など教えていただきました。

西海岸なので、「サンセットがとても綺麗ですよ」とのこと。
「天候に恵まれれば、サンセットにグリーンが入って、とても幻想的です」と、
写メールを見せていただきました。

写真の課題も出来たところで、それそろメイン会場方面へ。

遠い会場なので、ホテルにタクシーを呼べるか?と相談すると、
「ちょうど、母(社長の奥さん)が車でそっちの方面行くから乗せて行ってもらえば?」とのこと!

...!! それは、とてもありがたい!!

ラーソン家のあたたかさに触れ、
お母様の運転で、市街に向かっていきます。

車の中でも、サンディエゴのお話などお伺いしました。
取材予定の「ガーネットアヴェニュー」の事、サンセットの事、そしてグルメ情報など。
「サンディエゴは海の幸が豊富、お寿司屋さんも多くて「Sushi Ota」はおすすめよ」と。
後日すべて、行くことになりました(笑)そちらは、別の記事にて。
発見!ガーネットの「ガーネットアヴェニュー」編

そして、メイン会場で予定していた用事を済ませて
今回の初「ツーソンジェムショー」は終了しました。

 

ツーソンジェムショーを歩いてみて。
「ガーネットつながり」のご縁で色々な方にお会いすることが出来ました。
みなさまに、感謝いたします。
2014 Tucson Gem and Mineral Show
_DSC5807

 

《 番外編 》

IMG_5884

>>番外編|成田(NRT)~サンディエゴ(SAN)~フェニックス(PHX)~ツーソン(TUS)までの道のり(行き) その1

_DSC5719-2

>>番外編|成田(NRT)~サンディエゴ(SAN)~フェニックス(PHX)~ツーソン(TUS)までの道のり(行き) その2

 

-出展&バイイングレポ

Copyright© ガーネット専門店ガーネットファンズ , 2020 AllRights Reserved.